MENU

ケールで安眠!その秘密は「メラトニン」の含有量

ビタミンやミネラルなど栄養が豊富なケール

青汁の原料として知られるケールは、栄養価が非常に高いです。日本には江戸時代の初期に伝わっています。ビタミンやミネラルが豊富で、ルテインやメラトニンも多く含まれています。

 

日本では、パソコンやテレビの液晶画面から出るブルーライトが目に悪影響を及ぼすと問題になっています。ルテインには、ブルーライトから目を守る働きがあるのです。
ケールに含まれているベータカロテンは、体内でビタミンAに変わります。ビタミンAは、眼精疲労も防ぐので、デスクワークで長時間パソコンを使う人の中には、目の健康のために青汁を飲んでいる人も少なくありません。

睡眠不足は体によくありません

ストレス社会と言われている日本は、ストレスによる不眠症で悩んでいる人が増えています。睡眠が十分に取れていないと、健康にも悪影響が出ます。人間は、睡眠中に細胞の修復が行われるため、睡眠は非常に大事です。睡眠不足が続くと、疲れが取れにくくなり、精神の不安や病気の原因にもなるので注意が必要です。

 

ケールには、睡眠のホルモンと呼ばれているメラトニンが含まれています。メラトニンが分泌されることで、眠りへと導かれていき、体のリズムが整うのです。体内時計を正常に機能させることは、健康にとって重要なことなのです。