MENU

家族で飲みたい!青汁の生活習慣病予防効果はどんなもの?

生活習慣病を引き起こす食生活

生活習慣の積み重ねが原因でなってしまう生活習慣病ですが、特に食生活の乱れは大きな原因となります。これらを引き起こす食生活は、丼物やスイーツなど炭水化物や脂質が多い食事や肉やバターなどの悪玉コレステロールを増やす食事と言われます。

 

反対に予防に効果のある食事には、ミネラルやビタミンが豊富な野菜や大豆、良質な油が含まれる魚などを取り入れた食事があげられます。しかし、大豆も魚も食べて野菜も補う食事を摂ることはなかなか難しいです。そこで野菜不足を青汁で補うことで予防と改善が期待できるのです。

 

野菜不足を補う青汁の効果

青汁にはナトリウム排出作用のあるカリウムと血圧低下作用のある食物繊維が豊富に含まれています。つまり高血圧の予防と改善に効果的なのです。また、血糖値を下げるポリフェノールが豊富なため、高血糖を防ぎ糖尿病の予防にも有効です。

 

さらに脂質異常症の予防にも働きます。脂質異常症は血液の中のコレステロールや中性脂肪が増えてしまい、心疾患や脳血管疾患のリスクが高まります。青汁には、悪玉コレステロールを抑制し、血液の流れをスムーズにするビタミンCや葉酸、βカロテンなどが含まれているためこれらの疾患の予防が期待できるのです。

 

このように青汁は多くの優秀な成分が含まれているため、生活習慣病の予防に有効なのです。